2020~2021年度
都城西ロータリークラブ会長

外山 俊明
 


クラブ運営基本方針
 今年度RI会長はボルガー・クナーク氏(ドイツ出身)であります。
 また、今年度RIテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。
 ポールハリスが友人たちとロータリークラブを結成して115年になるそうです。それは親睦を深め、相互扶助が目的だったといわれます。それから奉仕に取り組むことを通じて人とつながり、世界中に広がりました。ロータリーは人との交わりを楽しむ場と考えます。そして奉仕する喜びができてくると思います。ロータリークラブに入会しているということは、多くの人と知り合う機会、奉仕を通じて喜びを味わう機会を得られます。今年度のRIテーマはその基本的なことを目標にしています。
 風呂井ガバナーは、地区スローガンに「不易流行・ロータリーの基本を堅持し変化に適応するクラブを」としております。
今RIではいろいろなことが変わってきています、会員資格、例会の回数、メークアップの有効期間等以前と比べたら大きく変化しております。私たちクラブもそのような変化に対応しながら、会員同士の親睦、奉仕することを楽しむようにしなければいけません。また、地区は、クラブの将来をどのようなクラブにするのか展望を考える戦略会議を開くことを求めています。
 そこで私は、今年度テーマを、「楽しいロータリークラブ」とします。
ロータリーが楽しくないと、職場にも影響が出るかもしれません、そうなると会員は減少し、新しい会員も入会しません。楽しいロータリークラブにするには何が必要か1年間かけて、理事役員はもちろん、会員皆さんと考える1年にしたいと思います。
 今でもロータリーを楽しんでいられる方は多くいらっしゃいます、そうした方の意見を聞き、参考にしながら、もっと楽しく、例会が待ち遠しくなり、例会に出席しなかったことを悔やまれるような例会が出来たらと思います。そうすることで、出席率が上がり、退会者が出ず、会員が増えると思います。先ずは座席から工夫していきたいと思います。そして西クラブの将来が、楽しい充実したロータリークラブであるように考える、戦略会議に取り組みます。
 会員皆さんと共にもっと楽しい都城西ロータリークラブを作って行きましょう。

 


トップページ  ■ 会長ごあいさつ  ■ 組織図  ■ 週報・活動報告  ■ カレンダー  ■ リンク集  ■ クラブ概要